×
CLOSE

SEARCH ITEMS

FOLLOW US

有田HOUEN 有田四様 | 金襴手古伊万里様式

17〜18世紀ヨーロッパで愛好されたバロック・ロココの美と色絵磁器が融合し、洋風化、様式化された文様と色使いが輸出品の特徴。国内向けは金彩と赤絵など多彩な顔料を用い、空間をすべて文様で埋め尽くすような、濃厚なものも多い「金襴手古伊万里様式」。
有田四様では、有田HOUENのサーフェスデザインを手がける永井一正が、この様式をもとに新たな有田焼の創出に挑みました。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

RANKING

人気アイテムランキング

FEATURE

特集